【ポケモンSV構築】シングル厨#37で使用したバンギラス軸構築【構築記事】

ポケモン

「第37回 シングル厨のつどい」に参加してきました。

久々にプレイヤーとして大会に参加した気がします。めちゃめちゃ楽しかった。

やっぱり真剣勝負っていいもんだな…。結果は以下のツイートの通り。

一緒に大会に参加してくれたJona春日ありがとう!!!

大会運営者、対戦してくださった方もありがとうございました!

今回は大会で使った構築をまとめます。ポケモンにハマりすぎて構築記事を書くまでに至りました。

パーティ構築とコンセプト

  • バンギラス@とつげきチョッキ
  • ガブリアス@ラムのみ
  • サーフゴー@ふうせん
  • パルシェン@きあいのタスキ
  • モロバレル@ゴツゴツメット
  • ヒートロトム@こだわりスカーフ

「バンギラス」の特殊受けと「サーフゴー」または「モロバレル」の物理受けでサイクルを回し、砂ダメや削りで相手に負荷をかけて、「ガブリアス」や「パルシェン」で詰めるのが基本戦術。

どんなパーティにも柔軟に戦えるように組んだため、選出パターンは色々。

構築経緯

シーズン1当初、「サザンドラ×サーフゴー」の組み合わせが流行していたので、特殊受けかつ悪技の打点を持つ「バンギラス」に注目した。相方として相性補完に優れた「サーフゴー」との組み合わせを軸に構築を組んだ。(自称:バンギゴー)

アタッカー枠としては安定した打点の”じしん”が使えて素早さの速い「ガブリアス」を採用。砂ダメを受けないかつ電気の一貫切れて、環境の多いステロのダメージが少ないのも好都合だった。

元々はバンギゴーと相性補完+いかくによるサイクル戦と相性の良いほのおテラスタル「ボーマンダ」を採用していたが、ダメージが絶妙に足りない(”げきりん”以外に打点がない)、ステロ環境によりサイクルが回せないという課題が出たので変更した。

上記3体ではドラゴンへ有効な打点がないため、対ドラゴン枠かつ積みエースとして「パルシェン」を採用。結果的には相手のステロ撒きにも負荷もかけてくれた。

上記4体では、「マスカーニャ」や「イルカマン」が重かったため「モロバレル」を採用。「バンギラス」との相性補完に優れているのも良い。

最後に、”おにび”要因かつ対ギミック系にスカーフトリックを搭載した「ヒートロトム」を採用。「バンギラス×サーフゴー」の地面の一貫を切ったり、「バンギラス×ガブリアス」のフェアリーや氷の一貫を切る意味も兼ねている。

バンギラス

持ち物:とつげきチョッキ
性格:いじっぱり
性格:すなおこし
テラスタル:ひこう
種族値:100-134-110-95-100-61
個体値:31-31-31-×-31-31
努力値:0-252-0-0-4-252
実数値:175-204-130-×-121-113
技:かみくだく/がんせきふうじ/テラバースト/けたぐり

調整意図

いじっぱりAS。

「ドドゲザン」より上を取って”けたぐり”を入れたいのと、”がんせきふうじ”後に少しでも上を取りやすくするため。

残りは”とつげきチョッキ”と砂によるD上昇率を上げたいのでDに振った。

テラスタル

「コノヨザル」や格闘テラスタルに対しての打点と受けのために飛行を採用。

“じしん”を透かしたり、「マスカーニャ」の”トリックフラワー”を無理やり受けて切り替えすこともできるため、使い勝手は良かった。

岩タイプがなくなるためD上昇がなくなり砂ダメが入るようになるが、テラスタルする相手が主に物理であったり、対面が有利になる利点の方が大きい場合がほとんどだったのであまり気にならなかった。

かみくだく
タイプ一致でBダウンも期待できる安定打点の”かみくだく”、

がんせきふうじ
後続サポートや受け出しに対してSを下げて上から”かみくだく”を打てるようにできる”がんせきふうじ”、

けたぐり
対「ドドゲザン」や「サザンドラ」への打点として採用。

テラバースト
対「コノヨザル」や「マスカーニャ」への打点として”テラバースト”を採用。

解説

環境に多い「サーフゴー」や「ドラパルト」のようなゴーストへの打点と受けができる”とつげきチョッキ”型のバンギラス。

元々は”こだわりハチマキ”でサイクルに負荷をかける形で採用していたが、「ドドゲザン」が流行ったことで「サーフゴー」、「サザンドラ」、「ゲンガー」などが”きあいだま”を持ち始めて役割を遂行できなくなったため、”とつげきチョッキ”に変更した。

使用感は思ったより良く、選出機会は多かった。

通常この枠は「ドドゲザン」が多いが差別点としては、砂ダメによるタスキ潰し、炎技が半減、そして「ドドゲザン」より上を取れて”けたぐり”を入れられるのがありがたかった。タイプ一致の”がんせきふうじ”もサポート兼削りとして優秀。

そして特殊受けの性能が高いのも良かった。「サザンドラ」や虫技を搭載していない「ウルガモス」などに強いため、特殊アタッカーに対しては比較的安定して後出しができた。

ガブリアス

持ち物:ラムのみ
性格:ようき
特性:さめはだ
テラスタル:はがね
種族値:108-130-95-80-85-102
個体値:31-31-31-×-31-31
努力値:0-252-4-0-0-252
実数値:183-182-116-×-105-169
技:じしん/げきりん/アイアンヘッド/ステルスロック

調整意図

ようきAS。

HB振りの「ガブリアス」が多かったので、ミラー対面で少しでも先に動ける要素をつけたいので最速。「ウルガモス」を始めとする100族に対しても先に動きたい意図もある。

テラスタル

パーティ的に「セグレイブ」が重たいので、氷とドラゴンを半減で受けれるはがねテラスタルで採用。「マスカーシャ」との対面で”トリックフラワー”や”じゃれつく”を半減できる点も良かった。

じしん
メインウェポン。試合中は”じしん”が一貫するように「バンギラス」の砂ダメや「モロバレル」の”ゴツゴツメット”などでダメージを管理していた。

げきりん
メインウェポン。「ロトム」系統やドラゴンへの最高打点として採用。

アイアンヘッド
あらゆるポケモンがフェアリーテラスタルを使って来るため、最高打点として採用。テラスタル後の打点としても有効だった。

ステルスロック
ステロ役がパーティにいなかったので採用。”ステルスロック”が刺さるパーティには先発や有利対面から撒いていた。

解説

環境に「サーフゴー」や「ドドゲザン」、さらにはがねテラスタルが流行していたので高打点の”じしん”が打てる「ガブリアス」を採用した。

「バンギラス」との相性補完は優れてはいないが、単純な数値の高さでゴリ押していける場面が多く、「バンギラス+ガブリアス」の組み合わせで選出する機会は多かった。

持ち物は諸説あるが、「バンギラス」と組み合わせた時に、交代際に来る”おにび”や”あくび”を無効化したかったので”ラムのみ”を持たせた。”げきりん”のこんらんも治せるので、腐る機会は少なかった印象。

サーフゴー

持ち物:ふうせん
性格:ずぶとい
テラスタル:ノーマル
種族値:87-60-95-133-91-84
個体値:31-0-31-31-31-31
努力値:244-0-236-0-0-28
実数値:193-58-159-153-111-108
技:シャドーボール/ゴールドラッシュ/わるだくみ/じこさいせい

調整意図

ようき”キノガッサ”のじならしを確定3発になるようにHBを調整。

Sは4振り「ロトム」を抜き。個体値は”イカサマ”対策でA0にした。

テラスタル

耐性が強くゴースト技を透かせるノーマルテラスタルを採用。一撃で倒されることがほとんどなかったので、かなり強かった。

シャドーボール
メインウェポン。ゴーストミラーや通りが良いのでとても使いやすい。「ヘイラッシャ」等のてんねん対面でもDダウンの追加効果が強い。

ゴールドラッシュ
メインウェポン。フェアリーテラスタルへの打点としても有効だった。

わるだくみ
「キョジオーン」のような耐久ポケモンに対して使用。有利対面で相手の交換際に積んで、相手に負荷をかけることもできた。

じこさいせい
受けを成立させたり、サイクル管理のために使用。

解説

「バンギラス」との相性補完に優れていたので採用。

元々は「キョジオーン」の”しおづけ”や「キノガッサ」の”じならし”に対抗する”おんみつマント”を持たせていたが、後述する「モロバレル」が物理受けの役割となったため選出機会が少なくなったので、”ふうせん”を持たせて「バンギラス」との相性補完をさらに強化してみた。一部型の「カイリュー」を詰ませる意図もある。
が、結局選出する機会は少なかったので、このパーティであれば”こだわりスカーフ”などを持たせた方が強そうだった。

パルシェン

持ち物:きあいのタスキ
性格:ようき
特性:スキルリンク
テラスタル:くさ
種族値:50-95-180-85-45-70
個体値:31-31-31-×-31-31
努力値:0-252-4-0-0-252
実数値:125-147-201-×-65-134
技:つららばり/ドリルライナー/テラバースト/からをやぶる

調整意図

ようき最速。

ようきにすることで、”からをやぶる”後に最速スカーフ「ガブリアス」を抜けるようになる。いじっぱりも諸説あり。残りは種族値の高いB振り。

テラスタル

元々積みエースだったので、「ウォッシュロトム」や「マリルリ」への打点になるくさテラスタルを採用していた。現状は先発運用も多いので、こおりテラスタルやじめんテラスタルにして火力を上げる方が強そう。また”こおりのつぶて”が抜群になるので、「セグレイブ」が選出されていると使いにくかった。

つららばり
メインウェポン。タスキ持ちや「ミミッキュ」、”みがわり”対策としてもかなり強かった。

ドリルライナー
「サーフゴー」や「ドドゲザン」への打点。
耐久無振りであれば、”からをやぶる”後で確定1発で落とすことができる。

テラバースト
元々「ウォッシュロトム」への打点として採用していたが、”きあいのタスキ”であれば”こおりのつぶて”や”ロックブラスト”の方が強そう。

からをやぶる
最強の積み技。”きあいのタスキ”やBの高さを活かして積んで相手のパーティを荒らす。

解説

先発要因または積みエースとして活躍。環境にいるステロ撒きの「ガブリアス」や「コノヨザル」、先発の「ドラパルト」や「マスカーニャ」に対して強気に動ける。H振り「コノヨザル」も”からをやぶる”後であれば”つららばり”で乱数99.5%(ほぼ確定1発)で倒せる。

元々”いのちのたま”を持たせて積みエースとして採用していたが、ステロの影響を受けることが多くかなり動かしにくかっったので、”きあいのタスキ”を持たせて先発運用をしたところ感触はかなり良かった。

似たような役割の「セグレイブ」と比較して、火力の高さとB高さが挙げられる。
「カイリュー」の”しんそく”を始めとする先制物理技や「ドラパルト」の”ドラゴンアロー”に対して耐性があるのがよかった。
「パルシェン」はBが高く、A特化の”こだわりハチマキ”ドラゴンテラスタル「ドラパルト」の”ドラゴンアロー”でさえ97.3%で耐えてくれる。
「セグレイブ」対面も基本的に「パルシェン」が有利なので、先発で対面した時も安心感があった。

モロバレル

持ち物:ゴツゴツメット
性格:ずぶとい
特性:さいせいりょく
テラスタル:はがね
種族値:114-85-70-85-80-30
個体値:31-0-31-31-31-31
努力値:244-×-156-0-108-0
実数値:220-×-121-105-114-50
技:ギガドレイン/ヘドロばくだん/イカサマ/キノコのほうし

調整意図

物理受けのためHBベース。「ウォッシュロトム」などにも強く出れるように両受けで調整。
こちらの育成論の振り方を採用した。

テラスタル

「セグレイブ」の氷技やドラゴン技を受けて”キノコのほうし”を打てるはがねテラスタルを採用。

ギガドレイン
草打点および回復技として採用。

ヘドロばくだん
フェアリーテラスタルが環境に多いので採用。

イカサマ
「セグレイブ」を始め、物理アタッカーへの打点として採用。

キノコのほうし
最強すぎるので採用。

解説

上記4体では重たい「マスカーニャ」や「イルカマン」の回答として採用。併せて「パーモット」や「ヘイラッシャ」など見れるポケモンが多く使いやすかった。

「バンギラス」や後述する「ヒートロトム」との相性補完も良く、選出率は高かった。

持ち物は砂との相性や後出しするだけで仕事ができるように「くろいヘドロ」ではなく「ゴツゴツメット」を採用。”はたきおとす”に対してもタスキ潰し等で効果を発揮するのも良かった。

ヒートロトム

持ち物:こだわりスカーフ
性格:おくびょう
特性:ふゆう
テラスタル:フェアリー
種族値:50-65-107-105-107-86
個体値:31-0-31-31-31-31
努力値:92-×-0-164-0-252
実数値:137-×-127-146-127-151
技:ボルトチェンジ/オーバーヒート/おにび/トリック

調整意図

“こだわりスカーフ”「サーフゴー」より先に動けるように最速。

CをH振り「サーフゴー」を”オーバーヒート”で確定で落とせるように調整。残りはサイクル戦でも使いやすいようにHに振った。

テラスタル

「ガブリアス」を始めとしたドラゴンに強くなるフェアリーテラスタルを採用。

こだわり系のドラゴンを見極めてからテラスタルすることで、相手を詰ませることが何度かあった。

ボルトチェンジ
基本的に居座ることは少ないので、サイクルするために採用。

オーバーヒート
はがねへの打点として採用。

おにび
「ガブリアス」に対して上から打ったり、”トリック”後に撒いて後続をサポートするために採用。
「ドドゲザン」にこだわりトリック後、”ふいうち”を透かしてやけどダメージで倒す芸当もできる。

トリック
こだわりトリックが目的なので採用。

構築経緯

上記5体では壁構築やギミック構築、受けループなどがやや面倒くさかったのでこだわりトリック役として採用。

他にも地面透かし、おにび要因、テラスタル後のドラゴン一貫切り、「サーフゴー」や「ドドゲザン」などの鋼への打点、「ヘイラッシャ」などの水への打点など役割は豊富。

「クエスパトラ」構築や「ラウドボーン」などの耐久ポケモンがいる時は積極的に選出していた。が、仕事が多いので扱いは結構難しかった印象。「ガブリアス」や「ドラパルト」の対面もやることがほとんどなく気まずかった。

課題点と所感

初手「ドラパルト」に対して安定して出せるポケモンがいなかったのが難しかった。
「パルシェン」は比較的出しやすいが、同時に「ヘイラッシャ」がいると出しづらかった。

先制技持ちがいないのもやや気になった。
細かい削りや最後に倒し切る動きができないので、詰めが少し難しい。
「パルシェン」に”こおりのつぶて”を採用するのはあり。

また特殊の高打点がおらず、物理受けのノーマルテラスタル「ラウドボーン」がかなり重かった。
「ヒートロトム」の枠を「ウルガモス」に変更するなど検討の余地あり。

とはいえ全体的に様々なパーティに対して回答を用意できていたので、選出や技選択は難しいがプレイングで解決できるパーティにはできたと思う。

個人的には結構満足な出来栄えでした。

 

最後に、参考にしたいので感想や質問などがあれば、コメントやTwitterにていただけると嬉しいです!

読んでいただきありがとうございました!

ポケモン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボジトマの部屋

コメント