【マリオテニス エース】とびつき硬直の長さからキャラクター性能を考えてみた【考察】

マリオテニス エース

どうもボジトマです。

 

前回、全キャラクターのとびつき硬直の長さを調査してみました!

その時の調査記事がこちらです。

【マリオテニス エース】全キャラとびつき硬直の調査結果【解析】
どうもボジトマです。 今回は、全キャラクターのとびつき硬直を調べたので、情報を公開したいと思います! キャラクター性能の比較やキャラクター対策にも使える知識だと思うので、是非とも参考にしてください! 事...

 

今回は、そこからわかったとびつき硬直の長さからキャラクター性能について考察していきたいと思います!

スポンサーリンク

とびつき硬直の長さには6パターンある

とびつき硬直の長さを調査した結果、その長さは6パターンあることがわかりました。

 

この6パターンを以下のように評価しました。

  • ランクS+=硬直が一番短い
  • ランクS=硬直が二番目に短い
  • ランクA=硬直が三番目に短い
  • ランクB=硬直が四番目に短い
  • ランクC=硬直が五番目に短い
  • ランクC-=硬直が六番目に短い

 

そして、それぞれのランクに属するキャラクターは以下の通りです。

ランク キャラクター
ランクS+ キノピオ・キノピコ・ノコノコ・ディディーコング・パタパタ
ランクS マリオ・ワルイージ・クッパJr.・ドンキーコング
ランクA ルイージ・デイジー・ヨッシー・ゲッソー・キャサリン・ヘイホー
ランクB チコ
ランクC ポリーン・ピーチ・ロゼッタ・クッパ・ボスパックン・ワリオ・ガボン
ランクC- ワンワン・テレサ・ブンブン

 

これらのランク帯ごとに、キャラクター性能を考察してみました!

ランクS+

ランクS+帯には、キノピオ・キノピコ・ノコノコ・ディディーコング・パタパタリーチが短くてパワーが弱いキャラクターが勢ぞろいです。

 

リーチが短いととびつきやすくなるので、リーチが短いキャラクターの硬直が短いのは納得です。

特にこの5キャラクターのリーチは全キャラ最短クラスなので、それを考慮して硬直を短くしたのだと思います。

恐らく、リーチが最短クラスのゲッソーもアップデート前はこの辺りの硬直だったはずです。

ゲッソーは優秀なボレーと強烈なトップスピンという鋭い攻撃性能から弱体化されました。キャラクター性能が著しく高いと、とびつき硬直が長くなるように調整されるようですね。

 

ちなみに、キノピオとキノピコはこれでも硬直が長くなっています笑

キャラクター性能の高さが溢れ出ていますね。

 

余談ですが、個人的に、キノピコの影に隠れがちですが、キノピオも相当高いキャラクター性能を持っていると思っています。

ボレーが弱いので得点力は少々欠けますが、ショットの速度は速く、スピードタイプに加えてこの硬直の短さなので、かなり粘り強いラリーが出来る良いキャラクターです。

今度練習しようかな…

ランクS

ランクSには、マリオ・ワルイージ・クッパJr.・ドンキーコングと珍しいキャラクターが並んでいます。

この4キャラクターの共通点としては、コントロールが弱くて得点力が低いのが挙げられるでしょう。

 

マリオに関しては、元々攻撃面と守備面の両方が乏しかったので、アップデートで硬直を短されたので納得です。ちなみに、マリオはオールラウンダーの中で一番とびつき硬直が短いことになります。

 

それ以外の、ワルイージ・クッパJr.・ドンキーコングは全員リーチがとても長いです。

それなのに硬直が短いです。しかも二番目に。

 

個人的な印象では、この3キャラクターはリーチが長いので硬直が長いと勝手に思っていたので意外な結果でした。

ドンキーコングに関しては走り出しが速いので、ディフェンスタイプ並み(むしろそれ以上?)にボールを拾ってきます。

(通りで試合時間が長いわけだ…)

 

ワルイージとクッパJr.に関しては、本当に得点する方法が限られているので、硬直時間を長くしてパワーやボレーなどの得点に繋がる能力を伸ばしてもいいのかなー、と思いました。

とはいえ、クッパJr.はスタンダード・ダブルスの後衛では大活躍しますし、ワルイージも特定のキャラクターにはとても強く戦えるので、調整が難しいところ…

 

余談にはなりますが個人的には、ディフェンスタイプなのにとびつきの硬直が短いのは若干違和感があります笑

これだと、同じくボールを拾いやすいスピードタイプの劣化になりがちですし、「崩れにくいけど崩れると弱い」というコンセプトの方がディフェンスタイプという感じがするんですが…

まぁこんなこと言ってもしょうがないので次にいきましょう笑

ランクA

ランクA帯では、ルイージ・デイジー・ヨッシー・ゲッソー・キャサリン・ヘイホー比較的バランスが良いキャラクターが揃っています。

 

ゲッソーとヘイホーはキャラクター性能は尖っていますが、リーチが短いのでこの辺りの硬直になったのかなと思います。

 

ルイージ・デイジー・ヨッシー・キャサリンは、キャラクター性能も非常にバランスが良くて、初心者にオススメできるキャラクターです。

特に、ルイージ・デイジー・キャサリンはオールラウンダーのため、とびつき硬直の長さはランクAを基準にすると比較しやすそうです。

ランクB

ランクB帯は、チコのみです。

「1キャラクターだけ?」と思ったので何度か検証し直したのですが、やっぱり固有の硬直の長さでした。

 

恐らくですが、アップデート前はこのランク帯にキャラクターがいたのかもしれません。

もしかしたら、4月・5月の新キャラクターのカメックやカロンもこのランク帯になる可能性も…?

ランクC

ランクC帯では、ポリーン・ピーチ・ロゼッタ・クッパ・ボスパックン・ワリオ・ガボンキャラクター性能が尖っているキャラクターが多めです。

 

特に、ピーチとクッパは非常にキャラクター性能が高かったのに硬直が短いという壊れキャラに近い存在だったので、アップデートによってここまで硬直が長くなったのは納得です笑

 

ロゼッタとボスパックンは、パワーとリーチがあるため自分のラリーに持っていきやすいです。そのため結果的にとびつきにくい性能と言えるため、この2キャラクターもこの硬直の長さは納得です。

ポリーンもリーチの長い割には足がかなり速くてとびつきにくいため、この硬直の長さで納得。

 

ただ、個人的にワリオとガボンはもう少し硬直が短くてもいいんじゃないか?と思いました。

この2キャラクターは、リーチが短い割には特別光る能力があるわけでもないので、ランクAかランクBくらいの硬直の短さでもいい気がします。

ランクC-

ランクC-帯には、ワンワン・テレサ・ブンブンが並んでいます。

特に共通点はなさそうで、それぞれ訳アリでこのランク帯になったようです笑

 

まずワンワンですが、とびつき硬直と足の遅さ以外はかなり高いキャラクター性能を持っています。

実際に、多くのプレイヤーが最上位キャラクターという評価をしています(スタンダード・シングルスの場合)。

 

これでもワンワンの硬直はアップデートで長くなっているのですが、キャラクター性能を考えれば納得の長さです。

(というかリーチが長いけどとびつくと弱いとかワンワンが真のディフェンスタイプなのでは…!?)

 

次にブンブンですが、まぁ君はしょうがない←

あまりにもオーバースペックで登場した2月の新キャラクターですが、3月には弱体化のアップデートがされています。

硬直の長さは2月と変わっていませんが、「とびついたら硬直は長いけど、それ以外は優秀!」というコンセプトだったのでしょうか…?

どちらにせよ、今のブンブンのキャラクター性能はジャンクPC並み(ひどい)なので、時間がかかっても良いので良いキャラクターになって帰ってきてほしいです笑

個人的に、この硬直の長さはディフェンスタイプらしいのでこのままに、その他の性能を調整してほしいなと思っています。

 

最後にテレサですが、テレサは以前「とびつき硬直キャンセル」というその名の通りとびつきの硬直をキャンセルできるという鬼のようなテクニックがありました笑

下の動画は、とびつき硬直キャンセルがあった時代のテレサミラーです。

最初のラリーからこのテクニックが使われていて、カオスなことになっています笑

【AFTA04SM】勝者側準決勝 わたる(テレサ) VS 裕(テレサ)【マリオテニス エース】

 

もしかしたら、発売当初のテレサのコンセプトとして「硬直はキャンセルできるけど、キャンセルしなかったら硬直が長いぞ~」というのがあったのかもしれません笑

今となっては、そのテクニックは廃止されています。

テレサはリーチが短くパワーも弱めなので、せめてゲッソー辺りの硬直でもいいんじゃないか?と思います笑

明らかにテレサだけ不自然な硬直の長さです笑

まとめ

  • ランクS+はパワーが弱くリーチが短めだけど他の能力が優秀
  • ランクSはリーチは長いけど得点力が欠けているキャラクターが多い
  • ランクAはとびつき硬直の基準になる
  • ランクBはチコのみ
  • ランクCは尖った性能を持つキャラクターが多い
  • ランクC-は訳アリキャラクターが集まっている笑

 

今回は、想像を加えながらがっつり考察してみました。

やはりこのように数字に出してみると、色々考察ができますね。

 

今回思ったのは、キャラクター性能に対して硬直が短すぎるキャラクターがいなかったということです。

以前までは、ピーチやクッパがそれに当たりましたが、今では適正と言える硬直の長さになりました。

 

しかし、逆に硬直が長すぎるキャラクターはまだいるようです。

ワリオやガボン、特にテレサなどは明らかに硬直が長いと思います。

この辺りも、次第に調整されるといいですね。

 

他のステータスも、このような感じで数字などに表してキャラクター性能を比較してみたいですね。

何か思いつけば、また調査してみたいと思います!

 

それでは!

マリオテニス エースコミュニティサイト「Aim For The Ace」の紹介

Aim For The Aceでは、マリオテニス エースの大会・イベントの企画・運営の他、上位ランカーの協力の基、様々な攻略情報をまとめています!

 

マリオテニス エースで困ったことがあれば、是非ともAim For The Aceを活用してください!

Aim For The Ace
Aim For The Aceでは、マリオテニス エースの大会運営、ユーザーによる攻略wikiの運営、コミュニティ交流等様々な事を行なっています。マリオテニス エースに興味がある方は、是非ご活用ください。

コメント