【リアルタイムバトル将棋】有用テクニック”斜め入力”【攻略】

ゲーム

どうもボジトマです。

 

今回は、リアルタイムバトル将棋の有用なテクニック”斜め入力”について解説します。

 

素早く駒を指すには、斜め入力は心強いテクニックになります。

斜め入力の仕様を理解して、一瞬で斜めに駒を動かせるようになりましょう!

スポンサーリンク

斜め入力

本来、斜めに駒を動かすためには、

縦→横,または横→縦

と入力しなくてはいけません。

 

しかし、縦と横の入力を同時に押すと、一発で斜めに駒を動かすことができます。

こうすることにより、高速で駒を斜めに動かすことができます。

連続斜め移動

主に角などでは、斜めに駒を動かしたい場面が多いと思います。

その際に、斜めに押しっぱなしにして移動すると思いますが、この時は同時押しの斜め入力にこだわらなくても大丈夫です。

 

斜めに連続で移動する時は、

  • 縦と横をずらして入力
  • 縦と横を同時に入力

の2パターンがあります。

このどちらも、カーソルが斜めに動く速度は同じだからです。

 

※厳密に言うと、

  • 縦と横をずらして入力→縦(横)に移動するのに5F→横(縦)に移動するのに1F
  • 縦と横を同時に入力→6F毎に移動

で結果的に速度が同じになる

アナログスティックでは斜め入力ができない

リアルタイムバトル将棋の仕様上、アナログスティックでは斜め入力はできません。

 

「縦と横の入力を同時に押す」必要があるため、アナログスティックではそれを物理的に成立させることができないためです。

 

ちなみに、アナログスティックを斜めに入力してもカーソルは動きません。

そのため、斜めに動きたくない時はアナログスティックで動かすという応用も可能です(実用性はあまりないが笑)。

まとめ

  • 縦と横を同時押しすると斜め入力ができる
  • 斜めに連続で移動するときは同時押しを気にしなくてもよい
  • アナログスティックでは斜め入力ができない

 

個人的に、斜め入力がこのゲームで一番難しい操作だと思っています笑

 

斜め入力ができるようになると、角を始め、王、金、銀、桂馬、成り駒等様々な駒で活かせるため、とても便利なテクニックです。

操作に慣れたら、ぜひ練習してみてください!

 

それでは!

コメント