【XSplit・OBS】YouTube Liveのイベント機能のやり方

イベンター

どうもボジトマです。

 

今回は、XSplitとOBSを使用してYouTube Liveのイベント機能で配信する方法を解説します。

また、XSplitならではのイベント機能の活かし方も紹介します。

 

YouTube Liveでのイベント配信を考えている方は参考にしてください!

スポンサーリンク

YouTube Liveのイベント機能

YouTube Liveの”イベント”を使用すると、”今後のライブストリーム”としてチャンネルやユーザーのホームページに表示されるようになります。

これは、ユーザーに対しての宣伝に繋がります。

 

また、配信タイトルや概要なども予め設定できるため、”今すぐ配信”と比較すると配信前に設定を変える手間が省けます。

 

そのため、予定されている配信であれば”今すぐ配信”を使用するよりも“イベント”を使用して配信をした方がメリットが大きいです。

イベントでの配信方法

YouTube Liveのイベントの作成と、そのイベントの配信を開始する方法を解説します!

イベントの作成

まずは、自分のチャンネルのホームページ右上にある自分のアイコンをクリックして“クリエイターツール”を押します。

その後、

  1. ライブストリーミング
  2. イベント
  3. 新しいライブイベント

と順にクリックします。

 

イベントのタイトルや概要、開始予定日時等を記入します。

この時に、種類の項目ではカスタムを選択してください。

 

詳細設定のタブをクリックして、その他の設定をクリックします。

オススメの設定は、「自動スタート」にチェックです。これをしておくと、XSplitやOBSの方で配信を開始したら、自動でイベントが開始されます。

それ以外は、特になにもなければそのままでOKだと思います。

 

よければ、右上の「予定を作成」をクリックします。

※予定を作成すると種類の項目は変えられなくなります!変えたい時は、改めて作成してください!

配信設定

この画面では、サムネイルとストリームキーの設定ができます。

 

サムネイルはお好みのものを選択してください。ここでの画像は、イベントの待機画面などで用いられます。

イベントで便利なのがストリームキーの設定です。

 

  • 一回限りのストリームキー

単発イベントであればこちらを選択するのがオススメです。

エンコーダーを選択の項目で「その他のエンコーダー」を選択します。

そうすると、ストリームキー(名)と(プライマリ)サーバーURLが表示されるため、それをエンコーダー(XSplitやOBS)に組み込みます(取り込み方法は後程解説)。

 

  • 再利用できるストリームキー

定期開催のイベントであればこちらを選択するのがオススメです。

まず、

  1. 再利用できるストリームキー
  2. ストリームを選択
  3. 新しいストリームを作成

の順でクリックします。

 

ストリームの名前と説明(自分用のメモみたいなもの)を記入します。

配信の設定は、

  • 「サポート可能な最大維持ビットレート」を1080p
  • 「60fpsを有効にする」にチェック

がオススメですが、PCのスペックと相談して決めると良いでしょう。

この設定は作成すると変更できないので注意です(再作成しなくてはいけない)。

 

すると、新しいストリームキーが作成されます。

エンコーダーを選択の項目で「その他のエンコーダー」を選択します。

そうすると、ストリームキー(名)と(プライマリ)サーバーURLが表示されるため、それをエンコーダー(XSplitやOBS)に組み込みます(取り込み方法は後程解説)。

 

今後、改めてイベントを作成する時に作成したストリームを設定すれば、同じストリームキーでそのイベントを配信することができます。

ストリームキーの取り込み

エンコーダーを起動します。

XSplitであれば上のタブから、

  1. ブロードキャスト
  2. 新しい出力を設定する
  3. Custom RTMP

と選択します。

プロパティが表示されるので、

①Name:設定の名前(自由)

②RTMP URL:サーバーURL

③Stream Name:ストリームキー(名)

を入力して、最後に④OKを押します。

 

OBSの場合は、

  1. 設定
  2. 配信
  3. サービス:カスタム

と選択して、サーバーURLとストリームキーを入力してOK or 適用を押せば設定が完了です。

OBS

 

これで、このストリームキーで配信すればイベントの配信が開始されます。

XSplitを使ってYouTube Liveのイベントを活かす

ここからはおまけです。

 

イベントのストリームの注意点として、同じストリームでイベントを複数作成してしまうと、そのストリームで配信を開始したらそのストリームで設定されているイベントが全て配信を開始してしまいます。

つまり、同じストリームでイベントを複数作成するとややこしいことになってしまいます。

 

そこで、XSplitを活用します。

XSplitでは、ブロードキャスト(ストリームキーとサーバーURL)を複数設定できます。

 

まず、イベント毎にYouTube Liveでストリームを作成します(ここではテスト1~4)。

 

イベントを作成して、それぞれに作成したストリームを設定します。

 

次に、XSplitでそれぞれのストリームキーをブロードキャストに設定します。

こうすることで、OBSでは毎回ストリームキーを変えるか、イベントが終わった後に新しくイベントを作成しなければいけませんが、XSplitでは事前に複数のイベントのブロードキャストを設定できるので効率がいいです。

 

あとは、配信したいイベントのブロードキャストで配信を開始すればOKです。

 

週イベントなど、定期的に複数のイベントをやる場合はこのように設定しておくと、月に一度設定すればよくなるので作業の効率化に繋がります。

 

XSplitを使用している方はぜひお試しください!

 

それでは!

イベンター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボジトマの部屋

コメント