コンポジットのレトロゲームをHDMIに変換するためのオススメ商品まとめ

イベンター

どうもボジトマです。

 

今回は、コンポジット(三色ケーブル)で映像を出力するゲーム機をHDMIに変換するオススメのコンバーター(変換器)を紹介します。

 

コンポジットはNintendo 64,ゲームキューブ,WiiやPS2などのレトロゲームで使用される出力方法です。

しかし、最近の液晶モニターにはコンポジットを入力する端子が付いていないので、HDMIに変換する必要があります。

液晶モニターでレトロゲームを楽しむためには、HDMIに変換する商品は必須とも言えるため、これからレトロゲームを楽しみたいという方はぜひこの記事を参考にしてください!

スポンサーリンク

AV to HDMIコンバーター

メリット

  • ケーブルで変換できる
  • 安い

デメリット

  • 遅延がある
  • USB給電が必要

解説

お手軽重視であればこちらの商品がオススメです。

安価で購入できる上に、接続も簡単です。

 

難点は、モニターにゲームの映像が出力される際に遅延(ラグ)が発生することです。

コンポジットの映像をHDMIに変換しているため、そこでどうしても遅延が発生してしまいます。

シビアな入力が求められるゲームや、遅延が気になる人にはオススメできません。

 

しかしRPG等、遅延が気にならないゲームを楽しむ分には十分活躍してくれる商品です。

ゲーム機専用HDMIアダプター

メリット

  • 遅延が少ない
  • 給電がいらない

デメリット

  • 価格が高め
  • そのゲーム機でしか使えない

解説

ゲームキューブ,Wii,PlayStation 2には専用のHDMIアダプターが存在しています。

また、7月にはNintendo 64用のHDMIアダプターも発売予定です。

 

ゲーム専用のHDMIアダプターには、低遅延という大きなメリットがあります。

これにより、シビアな入力が要求される対戦ゲームやRTA(リアルタイムアタック)などでもモニターで遊びやすくなります。

 

難点としては、価格が高く、他のゲーム機に応用できない点が挙げられます。

 

しかしヘビーユーザーであれば、このタイプのHDMIアダプターが大変オススメできます。

実際に、私はゲームキューブ専用のHDMIアダプター(GCHD Mk-2)とWii専用のHDMIアダプターを使用していますが、ほとんど遅延を感じません。

とても自然なプレイができます。

ゲームキューブ専用HDMIコンバーター “GCHD Mk-Ⅱ”
Wii専用 HDMIコンバーター
PlayStation 2専用 HDMIコンバーター
Nintendo 64専用 HDMIアダプター “Super 64″(7月22日 海外で発売予定)

まとめ

  • 遅延はあるけど価格が安い”AV to HDMIコンバーター”→ライトゲーマー向き
  • 価格は高いけど遅延が少ない”ゲーム機専用HDMIアダプター”→ヘビーゲーマー向き

 

昔のゲームには、本当に面白い作品がわんさかあります。

今やっても、とても面白いと思う事でしょう。

 

昔やったゲームを久々にやりたい、小さいころにできなかったゲームをやりたい、レトロゲームを極めたい、というプレイヤーはぜひこの記事を参考に頂ければと思います!

 

それでは!

コメント