モバイルSuica、始めました。

コラム

どうもボジトマです。

 

最近、PASMOからモバイルSuicaに転身しました。

というのも、最近は電車に乗る回数がかなり増えて、PASMOの時は毎度毎度改札でチャージしていたのですがさすがにめんどくさくなってきたのです。

 

そこで、改札でチャージしなくて良い”モバイルSuica”に登録してみることにしました。

 

モバイルSuicaを使うには年会費が1030円かかります。

これまではこの年会費1030円の部分で今まで登録を渋っていました(ケチ)。

 

しかしモバイルSuicaに変更するメリットとしては、

  • 改札でチャージしなくていい(いつでもチャージできる)
  • カードを持ち歩かなくていい

が挙げられます。

 

最近電車の乗車回数が多くなった自分にとってはどちらも大きなメリットです。

 

というわけで、Google PlayからモバイルSuicaのアプリをダウンロード。

色々と登録して、年会費1030円を支払いました!!!

 

そして早速チャージして改札で使ってみました。

 

改札「ピッ」

 

うわ、めちゃくちゃ便利じゃん。

 

初めて使うので本当に改札通れるか正直ちょっと心配だったんですけど、ちゃんと通れました。

しかも!本当に改札でチャージしてないんですよ。スマホの画面からチャージしただけでチャージされてるんですよ。

 

いやまぁ当たり前なんですけど。今までのカードのPASMOと比較したらその使い勝手の良さが歴然なんです。

あまりの使い勝手の良さに感動したんです。

 

普段から電車を利用する人にはモバイルSuica、超絶おススメです。

 

ちなみに専用のクレジットカードである“ビックカメラSuicaカード(年会費無料)なるものを作ると、

  • 年会費無料
  • オートチャージが可能

になるようです。

 

爆アドすぎひん?

 

というわけで、僕の今年の目標の1つに「ビックカメラSuicaカードを発行する」が追加されました。

 

モバイルSuicaに興味を持った方は、こちらの記事にとても詳しく書かれているので参考にしてみたください!

スマホアプリ「モバイルSuica」の使い方、高い年会費を無料で使うコツは支払い方法にあり | 電子マネーの虎
JR東日本が提供する乗車カード&電子マネーのSuica(スイカ)には、カードタイプだけでなく、スマホやケータイで使える「モバイルSuica」があります。 基本的にSuicaカードはJR東日本エリアでしか入手できません。 モバイルSuicaはアプリをインストールすればOKなので、関西や九州などにお住まいの人でも、簡単にS...

 

※追記

どうやら2020年2月26日以降は年会費が無料になるようです!

今年から使い始めるのであれば、2/26以降に登録した方がお得っぽい!?

モバイルSuicaの利用には、年会費がかかるか? | モバイルSuica よくあるご質問:JR東日本
モバイルSuicaのご利用には、2020年2月25日までに会員登録及び継続された場合、年会費1,030円(税込)がかかります。ただし、2020年2月26日以降の会員登録及び継続は無料となります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

それでは!

コメント