ほぼ日手帳(オリジナル)を使いこなせなかった話

コラム

どうもボジトマです。

 

みなさんは”手帳”を使っていますか?

私は使っています。

しかし、去年の2018年度は「ほぼ日手帳(オリジナル)」という手帳を使っていたのですが、使いこなせませんでした笑

 

今回はそんなちょっとした失敗談を載せたいと思います。

ほぼ日手帳とは?

株式会社ほぼ日から発売されている手帳のことです。

会社の代表者は、ネスやリュカで有名なゲーム“MOTHER”シリーズの生みの親、糸井重里さんです。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL でも大活躍のネス

 

よくある手帳とは異なり、手帳以外の使い方も出来るのが特徴かなと思います。

 

わかりやすい特徴としては、メモが書けるスペースが他の手帳よりも圧倒的に多いです。

これによって、日記が書けたり、家計簿を書いたりと手帳以外の使い方ができる訳です。

もちろん他にも様々な使い方が出来て、最終的には人それぞれで味の違う手帳が出来上がります。

メモスペースには方眼が描かれていて、紙質もやわらかいので文字等はとても書きやすくなっています。

 

手帳のタイプは数種類あり、

  • 一日一ページ用意されている”オリジナル”
  • 一週間で2ページ(左が予定表、右がメモスペース)の”weeks”

さらには、

  • 5年で一冊というとんでもないボリュームの”5年手帳”

まで存在します。

 

これらの手帳はホームページやAmazon等のインターネットからだけでなく、LoFtのような一部の店舗でも購入できます。

 

詳しくはほぼ日手帳のホームぺージからどうぞ!

  • ほぼ日手帳について
ほぼ日手帳とは? - ほぼ日手帳のこと。 - ほぼ日手帳 2019
ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が製作している「ほぼ日手帳」のページです。手帳や文具の販売のほか、読んでたのしいコンテンツも充実。ほぼ日手帳はLIFEのBOOK。あなたのLIFEを詰め込んでください。
  • ほぼ日手帳の販売店
販売店情報 - ほぼ日手帳 2019
ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が製作している「ほぼ日手帳」のページです。手帳や文具の販売のほか、読んでたのしいコンテンツも充実。ほぼ日手帳はLIFEのBOOK。あなたのLIFEを詰め込んでください。

ほぼ日手帳にしたわけ

自分は4年程前から手帳を使い始めました。

それから毎年、今のところは違う手帳を手にして試しています。

 

一時期はYahoo!カレンダーでスマホを手帳代わりにしていた時期もありましたが、

  • アクセスが遅い(手帳の方が一瞬でページにありつけられる)
  • 自由度の低さ(決められた位置にしか書けず、絵などメモが描けない)
  • スマホを見ながら予定を入れにくい(スマホが手帳のため)

などの理由から、やっぱり紙の手帳にするようになりました。

 

そして去年、「今年はなんの手帳にしようかな~」と考えた結果、ほぼ日手帳”にしようと決めました。

 

理由は、冒頭でもお話ししたメモスペースの広さです。

私は今年度の就活生だったのですが、就活ではかなりメモをする事が予想されたので丁度いいと思いました。

さらに、大学院生でもあったため、実験の予定を組み立てるのにも使えそうでした。

というわけで、メモのスペースが特に多い一日一ページタイプの”オリジナル”を購入することに。

 

しかし、もう一つ使ってみたい理由もありました。

それは、MOTHERシリーズのデザインがされている手帳が発売されていること。

 

自分はMOTHERシリーズが好きです。MOTHER1,2,3と全シリーズやりました。

特別ファンという訳でもないんですが、あのMOTHER独特の雰囲気が今でも記憶に残っていて忘れられません。

こちらも冒頭でもお話した通り、ほぼ日手帳を販売している代表者は「MOTHER」シリーズの生みの親、糸井重里さんです。

そのため、MOTHERシリーズのデザインの手帳が毎年違うデザインで発売されているのです。

 

特に2018年度はどせんさんのデザイン!!!

個人的にはドンピシャのデザインでした。

 

しかし!

就活生ということもあったので、無難にシンプルなネイビーカラーのデザインにしました。。。

この時は本当に悔しかった。断腸の思いとはこのこと。

 

とまぁ、こういった考えからほぼ日手帳を使い始めわけです。

ほぼ日手帳は、自由度が高すぎた

そして2018年、しっかりほぼ日手帳(オリジナル)を使わせていただきました。

 

その手帳がこちら。

 

結論としては、自由度が高すぎて使いこなせなかったです笑

悪い事では全然ないんですけどね。

 

理由をいくつか述べていきます。

1.メモスペースが広すぎた

メモスペースの広さを買って使い始めたんですが、思った以上に広くてあんまり使わなかったです笑

 

用途としては手帳のみだったので、「予定・時間・場所」を書いて終わり。あとのスペースはスッカスカです笑

また、一日一ページだったので何も予定がない日は空白で、宝の持ち腐れ状態でした。

 

ただ、就活の時には大いに役立ちました。

その日のページに会社説明会のメモをすることが出来るので、いつどこでどんなことを聞いたかを一編に保存できます。

とはいえ、がっつり書く場合や、一日で複数社いくと一ページでは足りなくなるので、その場合は次の日の空いてるスペースに書いたり、手帳の後ろの方にあるメモ専用ページで補いました。

 

また、予定が詰まっている日とかも役立ちました。

予定が複数ある場合や、必要な持ち物、忘れちゃいけないメモなど書くことが多くなった時は、このスペースの広さに感謝しましたね。

2.分厚くて荷物を若干圧迫する

自分は結構常日頃から持ち歩くものが多いんですが、その中でもこの手帳の占める割合は大きかったかなぁと感じました。

 

といっても、一日一ページ用意されているので分厚いのは当たり前で、なんなら他の一日一ページの手帳よりもコンパクトだと思います(大体文庫本と同じくらい)。

 

ただやっぱり自分にとっては大きくて、普段使いしていく中で気づくことが出来ました。

3.”おまけ”をほとんど使わなかった

ほぼ日手帳の後ろの方のページには”おまけ”が付いています。

 

一週間の予定を埋める予定表だったり、何かをグラフ化できるグラフペーパーだったり、色々と活用できそうなおまけページが付いていました。

 

が、ほとんど使わず笑

無理して使おうとも思ったんですが、長続きしましせんでした。。。

 

ただ、人によっては本当に便利に使いこなせると代物だと思います。

 

おまけの詳細はこちら

おまけページ - 1日1ページ A6[オリジナル] - ほぼ日手帳、全タイプ解説 - ほぼ日手帳 2019
ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が製作している「ほぼ日手帳」のページです。手帳や文具の販売のほか、読んでたのしいコンテンツも充実。ほぼ日手帳はLIFEのBOOK。あなたのLIFEを詰め込んでください。

2019年度の手帳は…

以上のことから、今年は違う手帳を使うことにしました。

 

ということで選んだ手帳は…

 

 

 

 

 

ででーん

 

ほぼ日手帳です!!!(懲りてない)

しかも今回はどせいさんデザイン!!!

ふぉ~~~~

 

しかし!去年使っていたタイプとは異なります!

去年は一日一ページのオリジナルでしたが、今年は一週間で二ページのweeksを購入しました!

 

オリジナルは、先ほど述べたデメリット以外については概ね満足していたので、引き続きほぼ日手帳シリーズを使うことにしました!

 

買ったものは以下の通り。

  • ほぼ日の下敷き(WEEKS用)【MOTHER2】(写真左)
  • 2019 weeks MOTHER2/こーひーを のんでってください。(写真中央)
  • ほぼ日 ブックバンド ホワイト ほぼ日手帳 WEEKS用(写真右)

 

手帳本体の内容物は、

  • ほぼ日手帳 weeks
  • 路線マップ
  • シール型のポケット
  • MOTHER特製デザインのペーパーバック

でした。

手帳の内容物

MOTHERデザイン特別の付録品、ペーパーバック

裏面

 

シール型のポケットは、このように一番後ろのページに貼り付けることで、ちょっとしたメモ等を挟めるポケットになります。

シール型のポケット

ちゃんとメモ等を挟めます

 

買ったものを全部合わせるとこんな感じ。

 

いつの間にかweeksのレビューになってしまいましたが、オリジナルからweeksに変えた理由は、

“weeks“では私にとって“オリジナル”でデメリットだった部分全て取り除かれているからです!

 

先程述べたデメリットだった部分は以下の通り。

  1. メモスペースが広すぎた
  2. サイズが若干大きい
  3. おまけを使わない

 

weeksは以上のことを全て解決してくれます!

1.メモスペースが広すぎた

一週間で二ページなので無駄が少なくなった。

左側が日付の書かれたページ、右側がメモのみのページなのでがっつりメモをしたい時でも使える。自分にとってはこれくらいの量がおそらく適量。

2.サイズが若干大きい

ページ数が少なくなったことから必然的にサイズもダウン。荷物の圧迫を防げる。

3.おまけを使わない

weeksにはおまけがほとんどありません。その代わりに69ページ分のメモページがあります。

 

というわけで、かなり自分に合っている手帳ではないかなと思っています。

 

今年はこのMOTHER仕様のweeksを使い込んで、来年にはレビュー出来たらなと思います!

まとめ

個人的に感じたほぼ日手帳(オリジナル)のデメリット
  • (自分にとっては)メモスペースが広すぎた
  • (自分にとっては)サイズが若干大きい
  • (自分は)おまけを使わなかった
オリジナルからweeksに代えた理由

オリジナルで感じたデメリットを全て解消してくれたから。

 

ほぼ日手帳自体は、すごくいい商品だと思います。

特に、私のようなMOTHER好きには是非ともオススメしたいです。

 

是非、みなさんも自分に合った手帳を見つけてみてください。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

それでは!

コラム
スポンサーリンク
bozitomaをフォローする
スポンサーリンク
ボジトマの部屋

コメント