ゲーミング遠征の心得

コラム

どうも、ボジトマです。

 

この記事では、県外のゲームのトーナメントに10回以上参加した経験のある私が、私なりの遠征の心得を紹介したいと思います。

 

ゲーミング遠征という名前は適当()に付けましたが、ゲームイベント(主にコミュニティトーナメント)に遠征するという意味です。

 

私は今までに、大阪・北海道・宮城・福岡と、色んなとこへ遠征に行きました。

楽しい経験や思い出ばかりなので、みなさんにも是非行ってほしいと思っています。

 

とにかく、遠征が初めて!遠征に興味がある!という方は是非読んでみてください!

スポンサーリンク

遠征は行った方がいい?

そもそも、何故遠征しなければいけないのでしょうか。

私はゲームのトーナメントへの遠征なのでゲームで例えますが、

「近くに対戦相手がいるのにわざわざ行くのもな…」

「オンラインでよくね?」

「金がもったいない」

などの意見が出てくると思います。

 

しかし、遠征には間違いなくメリットがあります。

 

新しい出会いがある

私が一番の遠征のメリットと考えているのは、人脈が広がることです。

 

全国に遠征に行けば、全国に知り合いが出来ます。

世界に遠征に行けば、世界に知り合いが出来ます。

なんだか夢がありませんか?

 

例えば、友達だけと行く旅行で県外に行っても、新しく知り合いが出来ることは少ないように思います(もちろんその形式の旅行を否定している訳ではない)。

しかし、ゲームイベントに参加するもの同士は、「好きなゲームが一緒」という少なくとも1つの共通点があるため、お互いが接しやすく、親しみやすくなります。

人間は共感を求める生き物ですから、趣味が一緒というだけで仲良くなれるキッカケになります。

 

趣味によって生まれる繋がりは、学校や会社などとは異なり、縦にも横にも大きく広がります。

 

いつもと違う人と戦える

関西に行けば、関西のプレイヤーと戦う機会が生まれます。

東北に行けば、東北のプレイヤーと戦う機会が生まれます。

 

「オンラインでよくね?」

確かに、オンラインでも対戦する事は可能でしょう。

しかし、オンラインにはないメリットがあります。

 

①ラグのない環境で対戦できる

オンラインでは少なからずラグ(遅延)がありますが、それがない状態で試合が出来ます。

一瞬の反応が勝負を分けるような真剣な試合をしたい場合は、やはりオフラインでの対戦を経験した方が楽しいでしょう。

(オンラインを否定している訳ではなく、オンラインにはオンラインの、オフラインにはオフラインの良さがあるということ)

 

②対戦に関するのフィードバックが速い

オンラインのランダムマッチでは特にですが、対戦後の意見交換をする時間がありません(そもそも出来ない場合が多い)。

 

しかし、オフラインであればすぐ側に対戦相手がいるので

「今のとこはどうしたらいいですか?」

「なにを考えてその技を打ったんですか?」

などすぐに質疑応答が出来ます。

 

コミュニケーションを取ることは、ゲームをより楽しむためには重要な要素です。

 

マインドを共有する事は、ゲームの実力を向上させるだけでなく、自分自身のマインドの在り方にも影響を与えることもあります。

例えば、

「技を当てることだけを考えてたけど、かわすことも大切なんだ」

「ダメージを与えるだけのことを考えていたけど、ポジションをキープすることも有効なのか」

など、新しい考え方を得ることが出来ると思います。

 

このように発想が柔軟になっていけば、他のゲームでも応用出来たり、恐らくはゲーム外でも活かせるようになると思います。

 

その土地に詳しくなる

これは副次的なメリットですが、地理に詳しくなることで損はしません。

 

その土地の雰囲気や食べ物など、実際に足を運ばなければ体験できないこともあります。

 

少しでも知識があれば、次回に行く時に役に立ったり、話の話題にもなるでしょう。

 

 

 

ざっとメリットを挙げましたが、やはり多くの人と交流が出来るのが一番大きいです。

遠征をすればきっと、今までよりも世界が広がることでしょう。

 

遠征を計画する

早速、「遠征に行こう!」と思ったら何からすればいいでしょうか。

  1. イベントにエントリーする
  2. 交通手段と宿泊先を決める
  3. 必要な物を準備する

このような順番で進めていけば大丈夫でしょう。

 

イベントにエントリーする

多くのイベントでは、事前のエントリー(参加申請)が必要です。

そうでない場合もあるので、自分のイベントはエントリーが必要かどうかをチェックしましょう。

 

もし、休みが取れるかわからない場合でも基本的にはエントリーしておく事をオススメします。

ゲームのイベントは特にですが、キャンセル料は基本かかりませんので(イベントにより異なるので要確認)、エントリーしておく方が賢明です。

 

宿泊先を決める

宿泊は遠征において大きなテーマです。

 

宿泊先にいくつか候補があるため、ご紹介します。

プレイヤーの家に宿泊させて頂く
メリット
  • 宿泊費がかからない
  • そのプレイヤーと遅くまで遊べる
デメリット
  • アメニティ等は基本的に自分で用意する(タオルや綿棒など)

 

これは私のやっているゲーム(スマブラ)界隈での風習のため、スマブラ以外の方ですと余り参考にならないかも知れませんがご紹介します。

 

大きなイベントですと、Twitterなどで「遠征の方はうちに泊まっていいですよ」と心の優しい方が募集をしてくださることがあります。

しかし、

  • 宿泊費がかからないため競争率が高い
  • 必ずしも募集する訳ではない

ので、注意してください。

 

また、宿泊することになっても、あくまでも他人の家ということは忘れてはいけません。

最低限のマナーを守ることが出来れば、多くの場合問題ないと思われます。

 

友人がその土地に住んでいれば、その友人にお願いするのもいいでしょう。

カプセル・ビジネスホテル
メリット
  • 場所によるがアメニティが充実している
  • 就寝環境がいい
  • お風呂に入り放題(場所による)
デメリット
  • 料金が高め
  • 事前に予約が必要

 

恐らく一番無難な選択肢です。

 

料金はかかりますが、就寝環境が良いのでしっかりと休むことが出来ます。

漫画喫茶
メリット
  • 比較的安い
  • 予約が不要
  • ドリンクバーがある
  • シャワーがある
デメリット
  • 他の人のいびきがうるさい
  • フラットタイプの部屋が空いてなければ椅子で寝ることになる
  • 泊まれる時間が短め

 

お金に余裕がなかったり、ホテルが見つからなかった、急遽宿泊が必要になった場合などは、漫画喫茶になると思います。

予約が不要な場所が多いので、最終手段に適しています。

寝るために作られているわけではないので、就寝環境は悪めですが、値段相応とも言えます。

 

交通手段を決める

宿泊先と並び、交通手段も遠征では大きなテーマとなります。

 

ちなみに、どの交通手段であっても早めに予約した方が安く取れる傾向があるため、予定が決まりしだい早めに予約をするといいでしょう。

 

交通手段にもいくつか候補があるので、ご紹介します。

バス(主に深夜バス)
メリット
  • 料金が安い
  • 深夜バスの場合、早朝に現場に到着出来る
デメリット
  • 移動時間が長い
  • 長時間同じ姿勢でいなければいけない
  • 深夜バスの場合、就寝環境が悪い

 

一番安い交通手段がバスだと思われます。

深夜バスの場合、就寝環境が悪く移動中がつらいですが、それに見合う安さがあります。

お金に余裕がなければ基本深夜バスを利用することになるでしょう。

新幹線
メリット
  • 移動時間が短い
  • 席の広さに余裕があるので窮屈しにくい
  • 学生であれば学割が使える
  • 往復であれば往復割も適用される
デメリット
  • 料金がバスと飛行機に比べると高い
  • 指定席では無い場合、座れない可能性がある

 

料金は高いですが、速くて快適なので、お金に余裕があるなら新幹線がオススメです。

また、学生であれば学割が適用されます。

新幹線の学生割引(学割)の料金と買い方|JR新幹線ネット
学生が新幹線を利用する場合、片道101km以上なら学割が適用されます。学割は運賃が2割引です。特急料金は割引になりません。学割の料金などをわかりやすく説明します。全国のJR各社の新幹線情報をまとめた、わかりやすい総合案内サイトです。
飛行機
メリット
  • 時期にもよるが、バスより高く新幹線より安い料金
  • 移動速度が一番速いので、場所が遠いほどお得
デメリット
  • 空港のある地域でしか使えない
  • 空港から会場から遠いと、結果的に新幹線並に費用がかかる場合がある

 

移動距離が遠ければ遠いほど飛行機の方がお得です。

北海道や九州などは多くの場合、飛行機の方がいいでしょう。

 

必要な物を準備する

忘れ物があると、後々めんどくさいことになるのでしっかり確認・準備しておきましょう。

私の場合は、基本的に以下のものを持っていきます。

  • 現金
  • コントローラー
  • 雨具
  • アメニティ(歯ブラシ・シャンプー・綿棒・ボディタオル等)
  • 衣類(シャツ・ズボン・下着・靴下を日数分)
  • パジャマ
  • タオル
  • スマホの充電器
  • ティッシュ
  • マスク・飴・うがい薬(風邪対策)
  • 寝袋(必要な場合)

 

基本的に、これらを持っていけば困りません。

 

特にオススメが風邪対策のマスク、飴、うがい薬です。

せっかくの遠征先で体調を崩してしまうと、とてももったいないです。

実際に私も遠征先で体調を壊したことがありますが、かなりつらいです。

遠征先でも体調管理はしっかり行なうことは意識しましょう。

 

遠征を楽しもう!

あとは実際に遠征をして楽しむだけです!

 

遠征中の出来事については、このブログのオフレポでまとめているので、興味があればご覧ください!

ちなみに私は2018年のGWには大阪の遠征に行ってきました!

【スマブラDX】「CrazyHand2018」に行ってきた! 一日目【オフレポ】
2018年5月3日 どうも、ボジトマです。 わたくし、今年のGWは大阪の遠征に行ってきました! 何の遠征かというと、もちろんスマブラDXの大会です! GWには二つのスマブラDX大会が開催されました。 ...
【スマブラDX】「CrazyHand2018」に行ってきた! 二日目【オフレポ】
2018年5月4日 どうも、ボジトマです。 関西スマブラDX大会”CrazyHand2018”の二日目にやってきました。 一日目は、シングルスの予選、ダブルスの決勝戦以外、団体戦(東西戦)が行われました。 ...
【スマブラDX】「KSB2018」に行ってきた!【オフレポ】
2018年5月5日 どうも、ボジトマです。 私は2018年のGW、大阪に遠征にいってきました。 毎年決まって、スマブラDXの大会はGWで2つ開催されます。 1つ目の大会はこちらの記事で紹介した"Cra...

 

この時の遠征でも新しい出会いがあり、多くのことを経験できてとても楽しかったです!

 

最後に、家を出てから家に帰ってくるまでが遠征です。

 

遠征中は楽しいので油断しがちですが、

  • 忘れ物
  • 盗難
  • 事故
  • 体調不良

等、トラブルの危険は大いにあります。

 

最初から最後まで油断せずに、遠征を楽しみましょう!

 

最後に

いかがだったでしょうか。

遠征をしたことがない人へ参考になれたならば幸いです。

遠征は本当に楽しいので、興味のある方は是非行ってほしいと思います。

どこかで私ともお会いできるといいですね。

 

それでは!

コラム
スポンサーリンク
bozitomaをフォローする
スポンサーリンク
ボジトマの部屋

コメント