【コラム】動画よりも文字が優れているところ

コラム

どうもボジトマです。

 

最近ノリで毎日更新している私が「ブログ(=文字媒体)の良さ」を語ろうかなと思います。

最近はYouTubeによる動画の発信が流行っていますが、文字による発信にもたくさんのメリットがあると思っています。

 

これからブログやnoteを考えている人は、ぜひとも参考にして頂けたらなと思います!

スポンサーリンク

文字媒体と動画媒体

ネットによる情報の形としては、主に2種類あると思っています。

  • 文字媒体=ブログやnoteなどの文字による情報
  • 動画媒体=YouTubeなどの動画による情報

※ラジオやVoicyなどの音声媒体もありますが、今回は比較しやすいように省いて話を進めていきます

 

最近は、YouTubeを中心に動画媒体による発信が流行っていますが、ブログやnoteなどの文字媒体だってとってもいいものです。

 

ここでは、

  • 動画媒体と文字媒体の比較
  • ブログ・noteとTwitterの比較

をテーマに書いていきます。

 

あ、予め言っておくと、動画媒体やTwitterを非難する記事では全くありません。

あくまでも、文字媒体には文字媒体なりのメリットがあるよ、という記事になりますのでご了承ください!

文字媒体のメリット

まずは、動画媒体と比較した文字媒体のメリットを解説していきます。

修正・訂正が簡単

例えば、情報がアップデートされたり、単に勘違いや誤った情報のまま投稿してしまった場合、訂正をしなければなりません。

 

この際に、文字であれば修正がとても簡単です。

“追記”などと記しておけば、内容が修正されたことが一目瞭然です。

 

これが動画になると、改めて撮り直さなければいけません。

YouTubeであれば概要欄に訂正の旨を記入しなければいけませんが、これは結局文字媒体としての効果と言えます。

自分のペースで情報を得られる

先日、興味深いツイートを見つけたので紹介します。

 

上のツイートのように、動画では勝手に情報が流れるのでいわば”受動的”な媒体と言えます。

見るだけなので楽ではありますが、常に集中しなくてはいけなかったり、自分のペースで情報を得にくいです。

 

対して、文字は自分で読み進めていくため”能動的”な媒体と言えます。

例えば、「ここは理解しきれていないから繰り返し読みたい」や「ここは完全に理解したからすっ飛ばして読む」などの情報の取捨選択がとてもやりやすいです。

動画でもスキップなどで出来なくはありませんが、やはりちと面倒です。

 

自分のペースで情報を得ることができるため、同じ時間であれば動画よりも効率良くたくさんの情報を得ることができます。

外出先で見やすい

動画では、データ通信量が多く、ほとんどの場合音声もセットなので、外出先で動画を閲覧するのは少し大変です。

特に、最近は格安SIMが流行っていてデータ通信量に制限がある人も多いと思うので、スマホからではWiFiがない環境での動画はやはり見にくいです。

予めダウンロードしておけばいいと思うかもしれませんが、その時に検索して知りたい情報だった場合はそういったこともやりにくいです。

 

対して、文字であればデータ通信量が少ないので、気軽に外出先で閲覧することができます。

加えて、上述したように、自分のペースで情報を得ることができるため、隙間時間でも十分な情報を得ることが可能です。

 

私自身が格安SIMを使用しているので、文字媒体のこのメリットは日ごろから痛感しています。

ブログやnoteのメリット

続いては、Twitterと比較したブログやnoteのメリットを解説していきます。

多くの情報を保存できる

Twitterでは、

  • 1ツイートが140文字以内
  • 多くの人が一度にツイートするので流れやすい
  • 検索が弱い

という特徴を持っていて、多くの情報を保存するのにはあまり向いていません。

 

ブログやnoteであれば、140字以上は当然残せますし、ブログ内であれば記事も流れにくいです。

仮に記事をたくさん更新して流れてしまっても、カテゴリー化してアクセシビリティを高めたり、ブログ内で検索すればすぐに情報を引き出せます。

 

もっと言えば、有益なツイートをブログに貼っていくという方法でもとても有効です。

 

ブログやnoteは情報の倉庫として非常に効果的に働いてくれます。

データ通信量が少ない

Twitterの場合は、アイコンや画像、動画なども一緒に読み込むため、見た目以上にデータ通信量は多いです。

 

ブログやnoteであれば、記事の内容にもよりますが、基本的にデータ通信量はTwitterより少ないので、WiFiがない環境であればブログやnoteの方が読みやすいです。

文字も動画も両方いいよね

ここまで、文字媒体のメリットを解説してきましたが、動画媒体にも動画媒体ならではのメリットはたくさんあります。

 

この記事で伝えたいことは「文字媒体は決して動画媒体に劣っていない」ということです。

 

現に私は、ブログやnoteなどの文字媒体とYouTubeの動画媒体の両方が好きです笑

どちらにも良さがあり、得たい情報によって文字媒体と動画媒体を使い分けています。

 

例えば、

  • 文字:イベントなどの現地レポートやゲームの攻略データ等→一部分の情報だけ欲しい時
  • 動画:お魚を捌く様子やゲームの試合等→欲しい情報量があまりにも多い時(試合の様子を文字に全て変換するのは情報量が多すぎてほぼ不可能)
  • 文字と動画:欲しい商品などのレビューは記事で一通り調べて、興味が沸いたらレビュー動画を見る→記事で欲しい情報をピックアップして、自分に適していそうな商品であれば動画で使用感を使い心地の動画を観る

と、時には文字媒体と動画媒体を組み合わせて情報得ることもあります。

まとめ

動画媒体と比較した文字媒体のメリット

  • 修正・訂正が簡単
  • 自分のペースで情報を得られる
  • 外出先で見やすい

 

Twitterと比較したブログやnoteのメリット

  • 多くの情報を保存できる(情報の倉庫)
  • 基本的にデータ通信量が少ない

 

最近はとてもYouTubeが流行っているので、動画での発信以外あり得ない!という風潮をなんとなく感じていたので、今回はこのような記事を書いてみました。

 

手軽に、短い時間で、たくさんの情報を伝えることができるのが文字媒体の最大のメリットだと思います。

これからブログやnoteなどを始めようと考えている方への参考になったら幸いです!

 

それでは!

コメント