【ARMS】PlataとARMSで10先しました【初心者対決】

2018年7月26日

 

大乱闘スマッシュブラザーズDX(以下、スマブラDX)プレイヤーのPlataとARMSで10先しました。

 

PlataはARMSを始めて2週間、自分は1週間という初心者同士の対決です。

 

思い付きの企画でしたが、思った以上に反響がありましたので、記事にまとめたいと思います。

 

この物語は、勝負師bozitomaの一週間の軌跡である。

 

ことの発端

ある日、Plata(@PlataSmashがこんなツイートをしました。

 

その後、ARMSで大会運営をしながら実況等様々な活躍を見せているARMS界隈の重鎮げんげんさん(@gengenpso)が…

 

と反応したので!

 

すかさず私もARMSを買ったという重大発表をしたのです!

実は、先日の7月16日(月)~7月17日(火)で開催されていたAmazonプライムデーで大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALとセットでARMSを購入していたのです!

 

げんげんさんがみんなでやりましょう!とおっしゃったので…

 

自分とPlataが10先してげんげんさんが実況するのはどうでしょうか!?という案を出したのがことの発端です!

 

自称10先を断らない男Plataの回答はもちろん

 

ということで実現しました。

 

ちなみに、ツイートからわかる通りこの時点で私はARMS未プレイです笑

我ながら無謀なチャレンジをしたものです。

 

Plataの紹介

今回の対戦相手であるPlata(@PlataSmashについて簡単に紹介します。

 

PlataはスマブラDXで青いヨッシーを使う日本全二ヨッシー使いです。

日本スマブラDXランキング2017では13位を獲得している上位勢です。

 

今年の5月に行われたKVO2018ではヨッシーで3位という結果を残すなど、現在進行形で活躍しているプレイヤーです。

 

また、自分と同じで、関東のスマブラDX大会の「BattleGateWay」のスタッフをしています。

 

自分と同じプレイヤー×大会スタッフという立ち位置で、年齢も同じ、スマブラDXをガチで始めた時期も近いことなどから、中々気の合う仲間です。

 

PlataのスマブラDXの試合動画の再生リストがありますので、興味があれば見てみてください。

ヨッシーの動きは面白いので、スマブラDXがあまり詳しくなくても楽しめるはず!

 

 

ARMS初プレイ

10先が決まったからには練習しなければ。

 

まずは初プレイだ!

 

こちらが初プレイ時のアーカイブです。

 

本当に何もわかっていない状態だったので、キャラクターの能力やステータスの意味(腕の太さ等)、アームの属性、特性、重量、となにもかもチンプンカンプンでした笑

まずは、ARMSのトップメニューにあるダッシュボードで一通り勉強しました。

 

グランプリモードを一度クリアしないとランクマッチに挑戦できないということで、まずはグランプリモードのクリアを目指しました。

ともあれ、まずはメインキャラを決めなければ!

 

メインキャラを決定!

メインキャラはもう決めていました。

 

それが、「バイト&バーク」です!

ARMS公式Twitterより

 

げんげんさんの配信を観ている時に、バイト&バーク(以下、BB)が出てきて、「なんじゃこいつはあああああ」と衝撃を受けて以来、ARMSを始めた時はBBを使おうと心に決めていました。

 

簡単にBBの説明をすると、バイト(本体)の他にバーク(犬)が勝手に攻撃してくれるキャラクターです。

スマブラで例えるとアイスクライマーやロゼッタ&チコみたいな感じです。

 

スマブラで例えるとかなり強キャラに見えますが、意外にもBBの使い手は非常に少ないようです。

 

理由は自分もハッキリとはわかりませんが、本体のステータスが平均以下、犬が簡単に処理される、使い方が独特すぎて難しい、などが挙げられるようです。

 

しかし!一度ビビッときたキャラクターを使うスタイルなので、メインキャラはBBに決定です!

 

ランクマッチに挑戦!

グランプリをチャチャっとクリアして、早速ランクマッチに挑戦です!

 

その時のアーカイブ

 

か、勝てない…

 

何が強い行動なのか、何を狙えばいいのか、何がしちゃいけない行動なのかがさっぱりわからない。

さっぱり勝てない。勝てたとしてもなぜ勝てたかがわからない。

 

この感覚。ゲームにやり慣れると忘れてしまう感覚です。

初心者の気持ちがわかるというか思い出すというか、とても新鮮。

 

まずは、しばらく勝敗を気にせず色々試して、自分でしっくりくる動きを探すことに専念しました。

 

アームゲッターでアームを集める

アームがなければARMSは始められない!

ということでランクマッチの合間にアームゲッターをしてみました。

 

ファイトマネーを200枚使ったロングでアームゲッターをしてみました!

 

ゲットしたアームは10種類以上!その内BBのアームは0個! お?

 

俺はBBのアームがほしいのに…

 

聞くところによると、特定のキャラのアームが欲しい場合は、ファイトマネー30枚のショートでなんどもやる方が効率がよいみたいです。

 

改めて30枚でやると、集まる集まる!BBのアームがガンガン集まります!

 

ひとまず、BBの上位の人が使用している「ドラゴン」と「バーチカル」というアームが出るまでアームゲッターを回しました。

 

アーム構成で悩む

アームは集まりました。

 

しかし、どの組み合わせがいいかがわからない…

 

ドラゴンというアームのBBでは相性がいいとのことで試しに使ってみましたが、中々にしっくり来ず、この短い期間では使いこなせる気がしませんでした。

 

グローブ系、リボルバー系、重量級、盾型、色々試しますがしっくり来る組み合わせがみつからず…

 

メインアームが決まらないまま、練習から4日程経過してしまいました。

 

ひたすら勉強!

アームを決められないのは知識がないからだ!

 

ということで決戦の2日前に、YouTubeの初心者講座や対戦動画、Wikiやブログの攻略記事でとにかく基礎知識を勉強しました!

 

主に参考にした初心者講座
  • 公式の脱・初心者への道

 

  • DTN_ KHUさん(@KHUninja)の超初心者講座

 

 

主に参考にしたサイト

 

アーム構成を決定!

盾型アームの説明を見たときに、ひらめきました。

 

「盾で犬を守れば強いんじゃね?」

 

そこで、キックバックを採用してみました。

 

最初に犬をキックバックで守ってみると、犬のパンチをキックバックが邪魔をしてパンチが阻止されてしまいました。

一見相性が悪いように思いましたが、犬がパンチした瞬間にキックバックをバッシュ(盾でパンチする動き)するとこちらのパンチがキックバックを貫通する仕様があるため、タイミング良くバッシュをすれば犬と守りながら犬にパンチさせることも出来ます。

 

また、バイトは犬に乗ることで大きくジャンプすることができますが、その際にラッシュ(必殺技的なやつ)をもらいやすい(ガードができないため)ですが、盾型アームのラッシュは相手のラッシュを跳ね返すことができるので、犬に乗ってジャンプ中にラッシュを打たれてもカウンターでラッシュを打つことができます。

 

さらに、盾型アームを採用すると掴みの速度が速くなるようで、犬のパンチをガードしようとした相手を掴みやすくもなります。

※正しくは、掴みを透かした後の戻りが速い、ということらしいです。ただし、同じ盾形アームのファランクスは速くなるようです。深い。

参考URL:https://arms-wiki.com/article/guardian/

 

その他にも、犬のポジションによっては、盾と犬でバイトの左右を守る構えが出来たり、盾型アームの弱点でもある横からの攻撃を犬で防御できたり。

 

「なかなか相性よくね!?!?」

 

BBにキックバックの採用率はかなり低いようですが、自分で採用理由を考えた構成の方が試合中の動きも考えやすいので、キックバックを採用することにしました!

 

両盾だとさすがに動きにくくなるので、片腕にはギャラクシーを採用しました。

BBの初期アームということもあり、ここ数日で使い慣れた事、スーパーアーマーに有効な炎属性である事、弾速が速いので犬やキックバックからの連携や反撃がやりやすい事、チャージと無チャージで性能が若干変わるので選択肢が増える事、単純に火力が高い事、などの理由から採用しました。

 

犬は開始時はバイトの右側に位置しているため、キックバックを右腕に、ギャラクシーを左腕に積んで自分なりのアーム構成が完成しました!(決戦の2日前の出来事)

 

段々とおおごとに!?

パッと思いついた10先企画でしたが、身内同士だけで完結するものだと思っていました。

 

しかし!げんげんさんの拡散力が発動し、どうやらARMS勢に注目されてきたようなのです!

 

なんと、ARMS界で世界トップレベルのプロゲーマーPegaさん(@PegaGameからもこんなツイートが。

 

ちゃっかりARMSイベントの中に入れてもらってました笑

 

これはつまらない試合を見せるわけにはいかない…

 

このプレッシャーのおかげで、自分を追い込むことができました。

 

ARMSゴールドカップに参加!

腕試しとして、決戦の前日に開催された、げんげんさんが主宰するARMSのオンライン大会「ARMSゴールドカップ(@ARMS_GOLDCUP)」に参加してみました。

 

アーム構成はギャラクシー/キックバック/ドラゴンで挑みました。

まだキックバックに完全に慣れていなかったので、保険としてBBと相性がいいとされているドラゴンを持っていきました。

 

ちょっと脱線しますが、初のARMSの大会参加でしたが、Discordを使用した大会運営が非常にやりやすかったです。正直、ルームが多すぎて何をすればいいかが一度目ではわかりにくかったですが、ちょっと理解すればスムーズに進行できる仕組みでとても参考になりました。

自分もマリオテニス エースのオンライン大会を開催しているので参考にしようと思います。

 

一回戦目の対戦相手は、五十嵐 桜さん(@wd_byousoku5)でした。

結果としては1-2で負けてしまったのですが、かなりいい勝負ができていた気がします!

録画していなかったのが実に悔やまれます…

 

が、この大会で、ARMS勢にも多少ながらついていけるという自信をつけることが出来ました。

 

勝負において自信の存在は実に大きいですから。

 

ちなみに、意気込み部門では3位でした。やったぜ。

 

最後の追い込み!

ARMSゴールドカップが終わった後に、マリオテニス エースでもお世話になっているLu:Naさん(@Lu_Na_Clock)とフレ戦をすることに!

 

Lu:NaさんもARMS初心者です。

が、全然強い…

ツインテーラーを使用していましたが、自分よりもARMS歴が短いとは思えない動き方。Lu:Naさんはマリオテニス エースでは上位勢の方です。

これがセンスか。

 

と、配信に遊びに来てくれたげんげんさん(@gengenpso)とアツシさん(@sigmaPn)が遊びに来てくれたので、4人で闘技場をすることに!

色んな人の動きが観れるので、かなり勉強になりました。

 

しばらくしてアツシさんが抜けた後に、なんとダブル盾ミェンミェン使いのオヒョ氏さん(@lucky__gameが闘技場に加わってくれることに!!!

盾使いは少ないらしいのですが、その中でも上位にいる盾使いのオヒョ氏さん。盾の使い方を見れたり、盾使いと実際に戦えたり、色々な盾に関する知識を教えていただいたりと、貴重な経験値が得られました!

配信してみるもんだわ…

 

 

 

10先が決まってから毎日1時間以上はプレイしてきました。プレイ外でも時間があればwikiや動画をチェックしてひたすら勉強してきました。

 

出来る限りのことはやった…

 

あとは本番で力を出すだけだ…

 

迎えた決戦の日!

ついに迎えた10先決戦の日。

 

げんげんさんがルールや対戦ルームを作ってくださいました。さらには、配信で試合前に我々のコメントをもらう等、この10先を盛り上げてくださいました。

圧倒的感謝!

 

さぁ、ついに10先が始まりました!!!

bozitoma視点のアーカイブ

 

げんげんさん視点のアーカイブ

げんげんの【ARMS 10先】bozitoma vs plata【スマブラDX勢対決】をwww.twitch.tvから視聴する

序盤

まずは、初戦。

 

なんと勝ちました。

 

「よし、戦えるぞ」

 

と、自信がつきました。

 

続く2戦目も私の勝利。

 

が、PlataはスマブラDXではすぐに対応してくるタイプ。

油断は全く出来ませんでした。

 

そして案の定対応してきて、3戦目はPlataの勝利。

 

続く4戦目、5戦目もPlataの勝利。

 

流れを取り戻すべく、6戦目では距離を置きながら相手の動きをよく見ることを意識して立ち回り、それが功を奏したか私が勝利しました。

 

この時点のスコアは「bozitoma 3-3 Plata」です。

 

中盤

ここから、取ったら取り返すシーソーゲームが始まります。

 

こちらのアームはギャラクシー/キックバックで固定していましたが、対するPlataは様々なアームを使用してきました。

 

この辺の器用さは10先というルールで多少ながら影響してきそうです。

 

こちらとしては、アーム毎に動きを変えなければいけないので、かなり考えながら立ち回りました。

 

  • グローブ系はしっかりみてからキックバックを展開する
  • ブーメラン系は前後に動いて交わす。無理そうなときはガードで我慢する
  • 氷属性の攻撃を食らったら、相手の動きをよく見て行動する。多少は動けるので少しでも動いて軸をずらし、パンチをかわす
  • 弾速の速いアームは、連射をしにくくさせる(ラッシュゲージをためにくくさせる)ために犬に乗ってショックウェーブを出しながら立ち回る

 

などなど…

 

中盤戦から一戦一戦が非常に苦しかったです。

 

そして、スコアが「bozitoma 7-7 Plata」までシーソーゲームできました。

 

終盤

Plataがキックバックの対処を理解したのか、アームをブーメランで固定してきました。

 

案の定、ここでアームの柔軟さが勝負に決定権を与えていきます。

 

こちらはブーメランに対抗できるアームを練習していないし、理解もしていないのでギャラクシー/キックバック固定で挑んでいますが、この組み合わせでブーメランに対してうまく対応することが出来ずに、ずるずると2セット取られてしまいました。

 

この時点でセットは「bozitoma 7-9 Plata」になり、Plataが王手です。

 

そして、次のセットも相変わらず対応できずに、セットを取られて負けてしまいました…

 

結果:bozitoma 7-10 Plata

 

ファインプレイ集

試合中のファイプレイ集をクリップにしていくつかまとめてみました。

 

ギリギリの戦い①

 

矢吹コン

 

ラッシュの読み合い

 

ギリギリの戦い②

 

パーフェクト阻止

 

犬カウンター

 

感想

実は、10先自体が初めてだったのですが、ものすごい緊張感を持ってプレイすることができました。

 

これは、スマブラDXにも活かせるくらいのメンタルトレーニングになったと思います。

 

あと、シンプルにARMSがおもしろすぎました。全然これからもやると思います笑

 

それと、ARMS勢がほんとにあったけぇ…

こんな初心者に一から丁寧に色んなことを教えてくれるし、超上位勢の人も対戦してくれるし、ほんとにありがたかったです…

時間があえばARMSのオフイベントに顔を出しますので、是非ともみなさんに挨拶させてください。

 

10先に負けたのは悔しいですが、やれることはやったのでまぁいいでしょう!

 

それでは最後に、戦ってくれた人、知識を教えてくれた人、普段の配信を観てくれた人、10先を観てくれた人、本当に皆さんありがとうございました!!!

 

今度はポッ拳10先とかもやりてぇなぁ(ボソッ

 

追記:Plata側の10先へ向けた考察

Plata側も10先に向けてどのような対策を立ててきたかをツイートしていたので、ここに掲載します。

 

一言コメントすると、ゲームシステムを理解して、そこからすぐに有利な戦い方を思いつき、合理的に勝ちを狙いにいくスタイルは、Plataらしいなぁと思いました。

 

今回の自分の負けは、この辺の考察力だったり合理性が欠けていたからだと常々思いました。

 

 

 

 

コメント