EVO2018の最終日観戦チケットの入手方法(図解付き)

コラム

どうも、ボジトマです。

 

そろそろEVO2018が開催される時期ですね。

EVO2018は8/3~8/5(日本時間では8/4~8/6)に開催されます。

 

ここでの注意点として、EVO2018に参加する場合は、8/3~8/48/5申請は別になっています。

なぜなら、この二つの期間では会場が異なるためです。

 

この記事では、8/5分の申請方法を、つまり最終日の観戦チケットの購入方法について解説いたします。

 

EVOシリーズは、例年このようなシステムを採用していますので、次年度以降でも参考になるかと思います。

 

8/3~8/4分の参加申請方法はこちら

Smash.ggでのEVOの参加申請方法の解説(図解付き)
※2018/10/11訂正済み どうも、ボジトマです。 時期的に今更ではありますが、備忘録の意味も込めてEVOの申請方法をここにまとめます。 Smash.ggでの参加申請は基本英語ということもあり、少々厄介...

 

最終日の観戦チケットを購入する際の注意点

最終日のチケットを購入するにあたり、以下の注意点を確認してください。

  • 費用がかかります($62.85~)
  • クレジットカードが必須です(JCBは使用不可)
  • 手数料の関係でまとめて買った方がお得です
  • 席はエリアだけが指定された自由席です
  • 当日の会場でも購入することが可能の場合があります

 

大丈夫そうであれば、次へ進んでください。

 

EVOの公式ホームページにアクセスする

まずは、EVOを検索して、EVOの公式ホームぺージに行きます。

EVOの公式ホームページはこちら

Evo 2018 Championship Series | Official Website of the Evolution 2018 World Championship Series

 

チケット購入ページへ移動する

EVOの公式ホームページに来たら、「REGISTER」を押します。

 

その後、「Purchase Sunday Finals Tickets」を押します。

 

すると、会場であるマンダレイ・ベイのサイトに飛びます。

「GET TICKETS」を押します。

 

すると、チケットの購入ページへとびます。

 

購入するチケットの枚数と席を選択する

ページが移動したら、購入するチケットの枚数(人数)と席のエリアを選択します。

席のエリアは、「FLR Assigned Seating(会場の真ん中のエリア)」「GA Seating(会場の外側のエリア)」がありますが、席は自由席であることと、安いことから「GA Seating」の方がオススメです。

枚数が多いと隣の席で取りにくいため、「I will accept split seats」という項目が出てきますが、自由席のためあまり気にしなくてよいです。

その後、「FIND TICKETS」をクリックします。

 

ちなみに、チケットの購入には一回につき手数料がかかるため、まとめて購入した方がお得です。

 

※まれに、「FIND TICKETS」が押せない場合があります。その場合、他のデバイスか他のWi-Fiを使用すると改善されることがあります。

 

※注意

これ以降にブラウザバックをすると以下のような画面が出てきます。黄色の「Accept Tickets」を押せばそのまま続行できますが、赤色の「Release Tickets」を押すと最初からになります。

 

購入の情報が表示されるので、間違いがないか確認して「NEXT」を押します。

※このページから、制限時間が発生します。制限時間内に入力しないと初めからになってしまうので注意してください。項目の入力が完了する度に少し制限時間が増えるようです。

 

すると、チケットの入手方法の選択画面になります。

「Electronic Ticket Delivery(PDFのチケット)」「Standard Mail(チケットを郵送)」「Will Call(窓口で受け取り)」の3種類がありますが、手数料がかかるらない、手軽であることから「Electronic Ticket Delivery」を選択しましょう。

 

下の項目の「Per Order Handing Fee」は手数料を表しています。選択するとこはないので、そのままで大丈夫です。

 

アカウントを作成する

次に、このサイトのアカウントを作成します。

アカウントをすでにお持ちであれば、ここでサインインしてください。

Facebookのアカウントでもサインインが可能です。

下記の画像の順に沿って、アカウントを作成してください。

⑤のチェックは、「会場に入る際にアカウント情報を確認するかもしれませんよ、同意しますか?」と問われていますので、チェックを入れます。

 

クレジットカード情報を入力する

続けて、クレジットカード情報を入力します。

※JCBは使用できないようです

 

まずは、下記の画像の順に沿って自分の情報を入力します(①~④)。

そして、使用するクレジットカードの種類を選択します(⑤)。

 

次に、下記の画像の順に沿ってクレジットカードの情報を入力します(⑥~⑩)。

 

次に、下記の画像の順に従って住所を入力します。

 

⑯の電話番号については、海外向けの電話番号を入力します。

国番号の「+81」と頭に付けて、それに続いて「080」であれば「-80」、「090」であれば「90」と付けて、「080(090)」以降の番号を入力します。

例:

080‐1234‐5678→+81-80-1234-5678

090-1234-5678→+81-90-1234-5678

 

入力が完了したら、「NEXT」を押します。

 

入力に成功すると、下記のような画面が出てきます。

入力した情報が表示され、その下にチェックボックスがあります。これには、「追加でお知らせがあった場合は登録したメールアドレスにお知らせしますか?」と書かれていますので、任意ではありますがチェックを入れることをお勧めします。

入力した情報に間違いがないか確認したら、「CONFIRM PURCHASE」をクリックします(※決済が行われます)

 

※注意

入力に不備があったり、使用できないクレジットカードの場合は下記の画面が出てきます。左側のボタン「Edit My Payment Information」を押して、もう一度入力した情報を確認するか使用するクレジットカードを変更をしてみてくださいしてください。

私の場合、楽天カードのMasterCardを使用したらダメでした。違うVISAカードに変えたら大丈夫でした。

 

下記の画像が表示されれば、チケットの購入が完了したことになります。

※右に書いてある項目は、続けてホテルを予約しますか?と聞かれているだけなので、無視して大丈夫です。

登録したメールアドレスにメールが届くはずですので、確認してください。

 

送られたメールのPDF形式のチケットをプリントアウトする

メールボックスに、下の2通のメールが届くはずです。

1通目は購入したものの確認のメールです。

2通目のメールにPDFでチケットが添付されていますので、このチケットをプリントアウトします。

メール1通目

メール2通目(PDF添付)

 

あとは、プリントアウトしたチケットを会場に持ち込むだけです!

 

お疲れさまでした!

コメント